偶然と偶然

2017年07月

ホンジョウはタクシーを降り、ナカバヤシのマンションの前まで来るとすかさずズボンのポケットからイナガキ探偵事務所のチラシを3枚ほど取り出し、それらをそのまま彼のマンションの新聞ポストに丁寧に音もなく入れ込む。

そしてホンジョウは再びタクシーに乗り込み實德、自宅への道順を運転手に告げると、フーッと深いため息をついた。

まあ、それにしてもまさかオマエが本当に探偵事務所に電話して???、おまけにそのユリエってオンナに関する調査をあのモトコに依頼するとはねえ」
とホンジョウは半分呆れたように俺の顔を眺めながらそう言った。
イナガキさん、実は俺の同僚にナカバヤシって言うヤツがいて、それでソイツのことをこのモトコがえらくお気に入り???、なんて状況がありましてね。
そこで俺が今度そのナカバヤシをけしかけて、なんらかの理由で彼が探偵の依頼をするように誘導する。
それでもってつまり???、彼がイナガキさんの事務所を訪れるってことなんだけど、そこに何故かこの美人オンナ探偵のモトコが登場するってだんどり。
それがまたおあつらえ向きと言うか、ナカバヤシは以前モトコの店に行った時泥酔状態で彼女の顔は全く憶えていない。
と言うことで、それが彼にとって彼女との初対面ってことになるわけだ。
それでまあ、そのナカバヤシの依頼するところのなんらか事件をこのモトコ探偵が解決し、その後それが縁でふたりはめでたく結ばれハッピーエンド。
なんてのはどうかな實德?」

なんだよそれ?
オマエさあ、大体事件なんて何もないだろう?」
とマスターがいきなり釘を刺し、
それはまあ???、そ、そうなんだけどさあ」
と言葉を詰まらせるホンジョウ。

すると意外にも、
いや、そんなこともないですよ」
とイナガキ探偵が口を挟み、まんざらでもないと言った表情を浮かべながらこう続けた。
探偵への依頼なんてものはねえ、もともとそう大したことじゃないんですよ。
誰だってほら、ちょっと考えてみりゃあ、ひとつやふたつ???探偵にでも依頼したいことなんてものはあるもんでしてね。
まあ、例えて言うなら???初恋の人に会ってみたい?なんてのとかね」

おお、それ!
それはあるかも、俺も会いたい!」
とマスターはさっきの態度から一変したようにそう反応する。

なるほど。
そう言えばアイツのオンナ絡みなら???ひとつ思い当たる節があるなあ」
と今度はホンジョウが納得したようにひとりそうつぶやく香港 股價
アイツ、たぶん俺に言ったこと忘れてると思うんだけど、ボストンに留学してた頃に出逢った、今でも忘れられないオンナがひとりいるって???、俺アイツから聞いたことがあるんだよ」

機関の話はやっぱりナカバヤシに話したモトコの説明通りだったんだよ。
日本でユリエがナカバヤシに接近したのを恐れた『光の機関』がユリエを殺そうとしたんだSmarTone 上網

でも彼女は何とか生き延びた。
それで『光の機関』が逆洗脳か何かで彼女を味方に鞍替えさせたんだろう。

もともとユリエはナカバヤシのことが好きだったわけで、ナカバヤシを守る『光の機関』側に勧誘する方がむしろその逆よりも簡単だったはずだ。

今回のナカバヤシとユリエの、つまりモトコとしての再会は、その任務とその彼女の個人的な想いとがうまく重なり合ってそれで実現したものだったんだよ」
じゃあ何?あのモトコの話ってのはすべて作り話?
ジョークだったってこと?」
と俺が呆気に取られたようにそう応えると、
まあ、基本そう言うことだろうなあ。
その件で俺はイナガキさんとも話したんだけど、どうやらモトコからはなんの調査の依頼も受けてなかったって話だし。
つまり???、って言うかまちがいなくアイツはオマエの運命のオンナに関する調査なんてものは何もしちゃいないってことだよ」

オマエ???、その後モトコとは話したのか?」
と俺がホンジョウに問いただすように訊くと、
いや、それが???実はモトコとはそれ以来連絡が取れないんだ。
アイツしばらく携帯出ないと思ってたら、どうも番号が変わっちまったみたいでね。
おかけになった電話番号は???になっちゃって」
とホンジョウは言ったSmarTone 續約

店には行ってないの?」
とマスターも不信そうな顔でそうホンジョウに尋ねると、
それが店もここのところ閉まってるみたいで。
どっか旅行にでも行ってるんじゃないかなあ?」
なんてホンジョウは適当にそう答えると、今度はいきなり表情を変えニヤついたようにして俺の顔を覗き込んでくる。

それで、オマエ???、どうだったんだよ?
モトコとは?
アイツ、いい身体してたか?」

ええ?
か、身体?
ああ、ま、まあな。
まあまあ???かな」
と俺は腑に落ちないことが多過ぎるせいもあり不機嫌にそう答えると、
なんかいまいちだったみたいだねえ?」
と拍子抜けしたようなホンジョウ數碼通月費

なあ、ホンジョウ?
それとマスターもなんだけど。
これはまあ、いろいろと馬鹿やってきた俺でも???、ちょっと珍しい体験って言うか、実はちょっと話すのをためらってたんだけど」
と俺がやや神妙な口調でそう言うと、

ええ?
な、なんだよ?」
とふたりは同時にそうはもりながら俺に顔を近づけてくる。

そうささやきながら、そのはがきをクリスマスケーキのマグネットで冷蔵庫の側面にそっと貼付け、フッとため息を漏らすヒカルだった避孕方法
翌日の産婦人科からの帰り道、ヒカルは何故か気分がすっきりしており、そのお腹にリュウイチの子供がいる???、その結果生じうる深刻な事態の結末をあたかも忘れているかのようであった。
季節はすでに夏真っ盛り、じりじりと照りつける太陽のせいだろうか?この変に楽観的な気分は。
それともホルモンバランスのせい?
まさか?
それって???まさか子供を産めない親友の旦那の子供をはらんだことによる彼女への優越感?
だとしたら自分はまた???、輪をかけて最低のオンナになってしまったのではないか?
なんて言ったところで、その子供を産めるはずもないことぐらいヒカルは十分過ぎるほどわかていた。

ヒカルがふと見た道路脇に停車している車の下辺りからミャーミャーと言う子猫の鳴き声が聞こえ、それに耳を澄ましながらかがむようにしてその下を覗き込んでみるとそこには小さな産まれたばかりの三毛の子猫がおどおどとつぶらな瞳でヒカルを見つめていた。
ヒカルがヒューヒューと口笛を鳴らしながら右手を伸ばすと、その子猫は不思議と警戒心がないのか?彼女の右手の先端の匂いを嗅ぐようにして近づいてくる避孕 藥
ヒカルが、
よし、よし」
とその子猫の喉元をさすり上げると、その子猫は気持ち良さそうに目を細めた。
カワイイ」
そうヒカルがひとりつぶやいた瞬間、彼女の脳裏にその子猫とぼんやりとしてその実体の見えづらいお腹の子供らしきものの像?とがだぶるのがわかった。
そんな???自分にすがって来るような無力な存在を自分はまさか?
まさかこの自分は本当に出来るのだろうか?
そんな恐怖にヒカルは思わず全身が凍り付くのを感じた。
そして、その避け難いマイナスの思考がやがてヒカルの肉体に致命的打撃をあたえることとなるとも知らずに。

産婦人科に行った日から数週間後の???、それはロスから成田への帰りのフライトでのことだった。
離陸後しばらく経ってから、ふと気づく度に下腹部あたりでたまに刺すような激痛が走るのをヒカルは感じていた口服 避孕 藥
ヒカルはしばらくその痛みをなんとか気合いでやり過ごそうと試みてはみたのだが、やはりどうしても耐えられなくなりその場で化粧室に駆け込み、便器に座り、下着を下ろしてみるとそこには生理の時とは明らかにちがう鮮明な色の出血の跡があるのをヒカルは発見する。
成田到着まで後5時間???、とてもこの状態では仕事など出来るはずもないと自覚したヒカルは、同僚にその事情を説明し、奥の席で休むことにしてもらったのだが、その後事態はより悪い方向へと急変。
その状況に気づいた同僚が急遽、乗客の中から医師を探し出し、その場でヒカルへの応急処置を頼むと言った大事へと発展した。
おそらくは???それが機内でなかったのならより適切な処置も出来たのだろう。
そんなことを今更言ってみても始まらないことぐらい、ヒカルには十分過ぎるほどわかっていた。

このページのトップヘ